20150911161539

こんにちは。
アラフォー主婦ぽてこです。

2月にはいり通算8回目の移植をしました。
5日目胚盤胞はかなり着床の可能性が高いとの事で期待大です。

自然周期ではないのでエストラーナという貼り薬でホルモン補充から始まりました。

移植して13日目、フライングして自宅で検査して陽性反応が出ました。
15日目の病院での検査ももちろん陽性で
「おめでとう!」と先生にほほ笑んでいただきました。

しかし私の場合ここからが勝負です。
陽性判定の段階ではもう喜べなくなっていました。

6週目に入り、吐き気やめまいもありつわりがきた!と妊娠継続にガッツポーズでした。
プロゲテポーという痛い自己注射もしていました。

3日後、大量出血がありました。
なんだか嫌な予感です。

もう怖くて仕事以外はなるべく横になり安静にしていました。

7週目に入り、またもや大量出血で会社は休み安静にしていました。

やっと心拍確認の日になり病院に行きました。






心拍見えず。

ショックからか風邪も引いてしまいしばらく寝込んでしまいました。

そして9週目に3度目の流産手術を受けました。

しかし今回は掻き出したものを染色体検査に出すことになりました。

染色体異常があれば自然淘汰でしょうがないことです。
異常がなければ母体の問題ということが判明します。

今回は次の可能性につながる意味のある流産手術だ…と思うと少しは
気持ちが前向きになれました。
流産・死産ランキング