ダウンロード (12)
こんにちは。
アラフォー主婦ぽてこです。

流産した子の染色体検査の結果がでました。


証明書と共に「正常な女の子でした。」と先生に告げられました。
女の子が欲しいとずっと思っていた私は胸がきゅーっと締め付けられました。


今回の流産は母体のせいということで泣けてきました。
悔やんでも悔やみきれない…
としばらく落ち込みましたが、前を向いて出来る事をやるしかありません。


私にとくに異常もないので
「やはり子宮筋腫を取ってみましょうか?」ということになりました。

開腹手術なんて恐ろしくて無理…とずっと避けてきましたが
子供を授かるにはやるしかない!とようやく決心できました。


子宮筋腫を開腹手術で取るということは
次の採卵は半年ほど待たないといけないので
とりあえず少しでも若いうちにもう一度採卵してからということになりました。

福岡山王病院を紹介して頂き、
4月に診察へ行きました。

手術もすぐ出来るものと思っていたら大間違いで、
手術も立て込んでいて最短で7月しか空いていませんでした。
なんでも混んでいるんだなと分かりました。



=その後の流れ=

3月に流産手術

6月に採卵

7月に筋腫核摘出手術

10月に術後初の移植ができました。